title

エビリファイの副作用

副作用が起こる確率は少ない

エビリファイはパーシャルアゴニスト(部分作動薬)であるため、従来の抗精神病薬と違って非常にゆったりと作用します。極端な作用がないので同時に副作用が少ないというのも特徴の医薬品。

処方する医師としても副作用が出ることが少ないということから、処方しやすい、罹患者にとっては処方されやすい薬だと言えます。

しかし医薬品は副作用が出にくいように開発されていても、どうしても服用した罹患者の体質によっては副作用が少なからず出てしまうことがあるということは覚えておかなければなりません。

エビリファイを服用することでおもに出る確率の高い副作用についての知識を付けておきましょう。重篤な副作用が出た場合は、ただちに服用をやめてください。

主な副作用

エビリファイを服用することで出る副作用の中でも、おもに確認されている症状は“眠気・不眠・アカシジア・身体のふるえ・食欲不振”などがあります。

軽度のものであれば経過観察をして耐えられそうであればいいですが、重篤な副作用が出た場合は服用を止めてかかりつけ医に診察してもらいましょう。

服用を長く継続することであらたに発言する副作用もあるため、最初に飲んでいた頃は副作用が出なかったという方でも注意が必要です。

眠気

エビリファイだけではなく、そのほか多くの精神治療薬で眠たくなるという副作用が出る場合があります。鎮静作用があるためというのが理由のひとつですが、急激な眠気に襲われると日常生活に師匠を来たしてしまいかねません。

エビリファイは作用するのが一部であることと非常にゆったりと作用するということから、長く服用を続けることで眠気が襲う確率が高くなります。

我慢の範囲を超えた眠気が襲ってきた場合は服用をやめて医師に相談するか、併用している医薬品とエビリファイとの相性をいま一度確認してみましょう。

不眠

エビリファイのような精神治療薬は眠気を誘発する場合が非常に多いですが、反対にまったく眠りにつけなくなってしまう不眠に陥る場合もあります。

もっとも不眠の副作用が報告されているのは、統合失調症を治療している罹患者。

ドーパミン受容体を刺激して覚醒状態に近付くにつれ、身体がリラックス状態ではなくなり焦りや不安をともなうことがあるのが理由のひとつです。

服用してから何時間後に不眠状態が来るのか分かる場合であれば、服用時間をずらして使用することでうまく付き合えるかも知れません。

食欲不振

医薬品の副作用としても多い食欲不振は、エビリファイでも起こり得る可能性があります。

もとより精神的な疾患を患っている方は気分の浮き沈みが激しく、治療薬を使ってなんとか安定させています。

しかし薬の効果はつねに一定なわけではありませんので、ホルモンバランスの変動によって気持ち悪くなったり食欲が湧かなくなったりするのはめずらしいことではありません。

完治させるには身体の健康も整えておく必要があるため、食欲不振になっても拒食や一過性の暴飲暴食にならないように気を付けましょう。

ふるえ

エビリファイを服用し始めたときに出やすい副作用のひとつに、ふるえがあります。

手が小刻みに震えてしまう、身体が強張ったように自由に動かせないという副作用が出た場合、程度がひどければただちに医師に相談しましょう。

アカシジアと同じように副作用を止めるための医薬品も多数あります。

ただ、同時に不安やイライラを起こしやすいので重篤な症状に変化する前にかならず医師に相談してください。

可能であれば減薬などの対処法を講じてくれます。

アカシジア

アカシジアとは一体どういった症状なのでしょうか?

日本語に訳すと“静座不能症”とも言われるもので、足がむずむずとして落ち着いていられなくなる症状です。

身体が落ち着かないだけではなく、むずむずの落ち着かなさによって不安感やイライラまで誘発するため、アカシジアは軽度であっても我慢しにくい副作用だと言えるでしょう。

エビリファイの効果は気に入っているけどアカシジアが我慢できない……となった場合には、アカシジアを止めるための医薬品もありますのでそれと併用するのもひとつの手です。

それ以外の副作用

そのほかにも、エビリファイを服用することで出る可能性のある副作用はたくさんあります。

女性が気になるのは体重増加する可能性です。抗精神病薬には代謝を抑制する作用があるため、それがひとつの原因と言われています。従来の抗精神病薬よりも太る確率はかなり低いものの注意しておきましょう。

嚥下困難(飲み込む力が失われる)や呼吸困難、悪性症候群なども現在報告されています。

副作用を沈静化する医薬品を服用する際には、かならず医師に常用している医薬品と照らし合わせて併用してもいいのか確認しましょう。

おもに出るのは軽度の症状ではありますがまれに命に関わるほどの重篤なものもありますので、副作用が出た場合は自分の症状がどういったものなのかしっかりと見極めましょう。

icon