title

エビリファイの服用方法

エビリファイの服用方法

エビリファイはさまざまな疾患に対して効果のある抗精神病薬です。

治療をしたい疾患によってそれぞれ服用方法が異なってくるため、かならずご自分の治療目的に合った服用方法をおこなってください。

・統合失調症
成人は6mg~12mgまでの6~12錠を1回または2回に分けて服用。
維持量は6~24mgで、最高用量は30mg。

・うつ病
既存の治療で充分な効果が見られなかった時にのみに限る。
成人は3mgを3錠を1日1回服用。
増量幅は3mgで、最高用量は15mg

・双極性障害
成人は12mg~24mgの12錠~24錠を1日1回服用。
年齢や症状の重たさなどによっても変化します。最高用量は30

用法用量を守らなければ、一番求めている治療効果を正しく得られません。

ホルモンバランスを変化させる医薬品であるため、充分に注意して服用しましょう。

飲み忘れがあった場合は、気付いた時点でその日1日分をただちに服用してください。

副作用が少ないことで有名なエビリファイでも、体質や繰り返しの服用によって副作用を起こしてしまう場合があります。その場合は服用をやめて医師に相談してください。

薬をすこしでも多く飲んでしまった場合にも医師に相談しましょう。

副作用を止めるための併用医薬品もあるため、自分がこれから飲み続けたいのかどうなのかなどを考えて相談しましょう。

服用方法の注意点

エビリファイを服用する際には注意していただきたいポイントがいくつかあります。

まず用法用量を守ることはゼッタイ。

エビリファイは飲んでスグに効果があらわれる即効性の医薬品ではありません。

個人差はあるものの、効果があらわれるまでに早くても3日、遅くて2週間程度の時間を必要とする場合もあります。

効いている感じがしないからと言って決められた量以上を飲んでしまったりすると、後々大きな副作用となって返ってきてしまう可能性も充分にあるのです。

飲み忘れた場合の対処

エビリファイを服用し忘れてしまった場合には、ただちに1回分の薬を服用してください。

次に服用する分の時間が迫っていた場合には、あわてて飲むことなく次に服用するタイミングで1回分のエビリファイを服用しましょう。

数日開いている場合にはもう一度一から服用し直す形にし、何日分もまとめて服用することは絶対に止めてください。

忘れる分にはまだマシで、大量に必要以上のエビリファイを摂取してしまうことのほうが健康へのリスクが高まります。

用量を超えてしまった場合

エビリファイを間違って決められた量よりも多く服用してしまった場合には、かかりつけ医またはエビリファイに詳しい薬剤師に相談してください。

自分の判断で経過観察している内に副作用に見舞われてしまったり、そのほかにもリスクがあります。自分の判断で動いてしまうと、最悪昏睡状態に陥った場合に誰の手も借りられなくなるかも知れません。

継続して飲み続けることで副作用が出やすくなるということもわかっているため、多く飲んでしまうことが絶対にないようにすることが望ましいです。

血糖値に問題のある方は注意

エビリファイは糖尿病やその既往歴のある方、また家族に糖尿病に罹患した方がいるなどであれば、服用にはさらに細心の注意を払わなければなりません。

スポーツドリンクなどはジュースの中でも上位に食い込むほど砂糖が入っています。常に糖尿病にならないために血糖値を上げないようにして、身体を健康に保つことが大切です。

病院でエビリファイを処方してもらう場合には、処方前に血糖値の測定をおこなわれることもあります。心配だという方はできる限り測定してもらっておいたほうがいいかも知れません。

併用注意薬

エビリファイには、同時に服用すると副作用を増幅させてしまう医薬品や、せっかくの効果を帳消しにしてしまう相性の悪い医薬品があります。最悪の場合には命にも関わりますので、“併用禁忌薬”には注意してください。

常用している医薬品やサプリメントの種類や成分から、「本当に同時に服用しても大丈夫なものなのか」しっかりと見極めましょう。

ただし、併用禁忌薬を見極めるには医薬品に関する専門的な知識を必要とします。

インターネットを検索しても出てこない医薬品なども数多いため、医師や薬剤師に相談することをおすすめします。

バルビツール酸誘導体

エビリファイと併用すると危険な医薬品は数多くあるのですが、中でも併用する危険性が高く、併用した時のリスクも高いものをご紹介します。

それが「バルビツール酸誘導体」というもの。

バルビツール酸誘導体は催眠鎮静薬や、けいれんを止めるための薬、てんかん薬、麻酔薬などにも使用されている成分です。単体で見ると医薬品として高い効果を発揮するバルビツール酸誘導体ですが、エビリファイと併用することで「中枢神経抑制作用」が発現します。

中枢神経を抑制することで起きる身体の症状とは、鎮静作用や催眠作用、麻酔作用です。

自身の身体がコントロールの利かない状態で中枢神経抑制作用があらわれると非常に危険。

睡眠薬はとくに併用している方が多いと思いますので、常用している医薬品をいま一度ご確認ください。

icon