title

エビリファイのうつ病などへの効果

エビリファイの効果

エビリファイはおもに統合失調症の治療薬として有名ですが、じつは効果を発揮する症状が多様な万能医薬品です。まずはどういった症状に効果があるのかをご紹介します。

・統合失調症
統合失調症の病態は個人差が激しいですが、エビリファイが効果を発揮するのは統合失調症の中でもあまり混乱や興奮のない、落ち着いた病態です。
といっても統合失調症になった直後の患者さんだけではなく、慢性期に突入している場合でも使用が可能。興奮の強い方に対しては、さらに鎮静作用のある医薬品を併用します。

・うつ病
うつ病にもそれぞれの病態がありますが、エビリファイはうつ状態や躁状態にも対応できます。低用量エビリファイはドーパミンのはたらきを活性化し、逆に高用量ではドーパミンのはたらきを抑制。
内容量によって作用が変わるため、しっかりと症状を見極める必要があります。

作用機序

エビリファイは、パーシャルアゴニストと呼ばれる医薬品です。

日本語になおすと“部分作動薬”。部分作動とはどういうことなのでしょうか?

通常の医薬品はなにかのはたらきを100%に活性化させるか、完全に抑制するかのどちらかです。一方、パーシャルアゴニストは症状、病態にあわせたはたらきをしてくれる臨機応変な医薬品。

おもに人間感情や情緒を司っているドーパミンへ作用しますが、ドーパミンが減っている場合“適度”に増やし、増えている場合は“適度”に抑制します。

ドーパミンの量を調節する機能に長けていることから、エビリファイは「ドーパミン・システム・スタビライザー」とも呼ばれます。

ドーパミンの量を調整

ドーパミンは、脳の中枢神経系に存在している神経伝達物質のことです。

別名を「快楽ホルモン」や「やる気ホルモン」といい、幸福感や嬉しさといった感情を生み出します。対極なものといえば、「フラストレーション(ストレス)」になるでしょう。

一見するととてもポジティブなホルモンではあるのですが、じつはこのホルモンの量が多すぎても少なすぎても人間の気分や行動は正常にはたらかなくなってしまいます。

基本的に統合失調症やうつ病などといった精神病は、このホルモンバランスが崩れに崩れてしまっていることがおもな原因。そこで、ちょうどいい量に調節してあげる必要が出てきます。

そんなときに有効なのが「エビリファイ」です。エビリファイは成分の内容量を変更するだけで、このドーパミンを増やしたり減らしたりといった調節をすることが可能です。

セロトニンの過剰分泌を防止

セロトニンは、ドーパミンと同じく感情を司っている神経伝達物質のひとつです。

快楽ホルモンであるドーパミンやほか様々な神経伝達物質の情報をコントロールして、精神を安定させる役割を果たしています。

しかし、セロトニンの量が減ってしまうとほかの神経伝達物質のコントロールが効かなくなったことにより、うつ病やパニック障害などの不安定な病状になってしまいます。

逆に、セロトニンが増えすぎてしまっても「セロトニン症候群」という精神的な不安を抱えてしまう病状に。

このセロトニン症候群はただの不安障害とは違い、悪化すると命に関わることもあります。

そこでエビリファイ。セロトニンの増えすぎを抑制するはたらきがあるため効果的です。

統合失調症への効果

エビリファイはおもに統合失調症の患者に対して処方されている医薬品です。

統合失調症はもともと「精神分裂病」といわれ、障害者手帳も発行されるほどの完治の難しい病気でした。しかし、近頃は医学の進歩によって完治できる病気になっています。

幻覚や妄想などといった症状がある精神疾患ですが、病態はさまざま。

そのさまざまな病態に合わせて使用できるエビリファイは統合失調症完治へのなによりの希望です。感情を司っている神経伝達物質をみずから作り出すのは本当に大変なことですから、エビリファイで増やしたり、減らしたりすることによって、患者の感情をフラットで正常なものへと近付けます。

鎮静作用は弱いため、興奮状態にある患者に対しては強い鎮静効果のある医薬品と併用するのが一般的です。

うつ病への効果

エビリファイはもともと統合失調症用の治療薬として開発されました。

しかし、2013年頃には効果のある病名として「うつ病」の表記も追加されています。

その使用方法は、普段から抗うつ剤を使用しても一向に改善される気配のない患者に対しての上乗せ処方です。

うつ病にも病態がさまざまあるため、とくにエビリファイが効果を発揮する病態についてご紹介します。

まずは気分反応性があるということ。感情の起伏が激しく揺れ動くタイプです。

そして仮眠症状があるということ。なにもしていなくても激しい疲労でつい寝てしまう病態。

以上はうつ状態ですが、躁状態であればエビリファイによって気持ちを落ち着けるといった効果を期待することができます。

従来の精神薬の、完全にはたらきを抑制する力や100%活性化させる力は時にさらなる不安障害を抱えることとなります。しかし、ゆったりと適度に阻止したリオ活性化させたりするエビリファイであれば的確な治療をおこなえるはずです。

うつ病に効果がある理由

エビリファイはもともと統合失調症用の治療薬として開発されました。

しかし、2013年頃には効果のある病名として「うつ病」の表記も追加されています。

その使用方法は、普段から抗うつ剤を使用しても一向に改善される気配のない患者に対しての上乗せ処方です。

うつ病にも病態がさまざまあるため、とくにエビリファイが効果を発揮する病態についてご紹介します。

まずは気分反応性があるということ。感情の起伏が激しく揺れ動くタイプです。

そして仮眠症状があるということ。なにもしていなくても激しい疲労でつい寝てしまう病態。

以上はうつ状態ですが、躁状態であればエビリファイによって気持ちを落ち着けるといった効果を期待することができます。

従来の精神薬の、完全にはたらきを抑制する力や100%活性化させる力は時にさらなる不安障害を抱えることとなります。しかし、ゆったりと適度に阻止したリオ活性化させたりするエビリファイであれば的確な治療をおこなえるはずです。

実績がある

エビリファイがうつ病に対しての治療効果があると認定されたのは、2013年のこと。

一見するとまだ日が浅く、「効果がきちんと実証されていないのではないか」と心配されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかしご安心ください。

エビリファイが医薬品として登場したのは、そもそも2006年と最近のこと。21世紀に入ってからです。世界初のパーシャルアゴニスト作用を持つ精神病薬として華々しく登場し、すでに世界60カ国で使用されるまでになっているほどの確かな効果が確認されています。

うつ病の治療薬としても2013年と最近の認定ですが、それまでにも世界各国で臨床実験がおこなわれて認定するかどうかを見極めている上、認定されてからは何万人というものうつ病罹患者がエビリファイによって命を救われています。

実績は十分と言えるでしょう。

うつ病の場合の用法用量

エビリファイは日本国内において現在、3つの疾患に対して効果のある治療薬です。

治療したい疾患ごとで服用方法と服用するべき成分量が違うため、よく確認しておく必要があります。

うつ病に対しての使用方法はすこし特殊。うつ病と診断されてすぐにエビリファイが処方されるわけではありません。既存の治療法で充分な効果が得られなかった場合にのみ、上乗せしてエビリファイを服用する形になります。

うつのエビリファイ服用は1日1回まで。

有効成分アリピプラゾールの含有量にはさまざまな種類があり、3mg~24mgまでとその幅はかなり広くなっています。しかし、うつ病に対する上乗せ治療ではかならず1日15mgを超えないようにしなければならず、なおかつ3mgでは効果が得られなかった場合の増量幅も3mgずつとの制約が定められています。

効果がなかったからといって、3mgのエビリファイから12mgなどの大幅な増量に変更することはとても危険です。エビリファイは抗精神病薬としては副作用が出にくいように開発されているものの、繊細な気分の波が大量の薬成分によって急激な変化を起こすことは大変危険です。あぶない副作用が襲ってきてもおかしくありません。

服用する場合はかならず用法用量を守りましょう。

効き始める時間

エビリファイを服用してから効き始めるまでの時間は、エビリファイの有効成分アリピプラゾールの内容量によっても変化します。

しかし、平均して2日前後では効きはじめるとの声が多いため、抗うつ薬など効きはじめるまで約3週間も待たねばならない医薬品よりも狙った時に使いやすいです。

なによりもうれしいのはその効果持続時間についてです。

一度の服用で2日以上の効果を発揮することがわかっており、なんと時間にして61時間!これなら1日飲み忘れてしまっていても安心です。

しかし、医薬品の処方はあなたの血中濃度などを考慮した上でおこなわれている精密なものです。なるべく決まった時間に、決まった量だけを飲み続けられるようにしましょう。

半減期

半減期とは薬学用語で、簡単に言うと「効果持続時間」のことを指します。

医薬品は体内に入るとわたしたちの全身を血液に混ざって駆け巡ります。その血液の中に含まれている薬の成分濃度が半減するまで、というのが正確な半減期。

薬を服用した時点で血中濃度はマックスに到達し、その後時間の経過とともに減っていきます。エビリファイはとてもゆったりと身体に浸透する薬で、半減期がとても長いのが特徴。半減するまでに掛かる時間は「61時間」で、桁違いに有能です。

ただし、半減期は確実な効果持続時間とは厳密に言えば違うもの。薬によって半減期だけでは計算できないものがあったり、効果持続時間に余裕があったとしても毎日なるべく決められた時間に服用するのが一番安心です。

副作用が少ない

エビリファイはこれだけ万能である上に、なんと副作用が少ないということでも有名です。

それは体内に入ってからゆったりと効果が持続するから。急激な体内環境の変化で驚いた身体が反応して出してしまう副作用ですが、エビリファイはじわじわとこころの患部に染み渡ります。

ただ、副作用が出るか出ないかは個人差があります。

エビリファイの低用量にすれば出ないのではないかと考える人もいるかも知れませんが、高用量で出なかったものを低用量が感知するということも充分にあります。

「自分だけは出ないだろう」と思っていたら副作用で泣きを見ることもあるので、リスクの覚悟はしておきましょう。副作用が出た場合はただちに服用を止めましょう。

icon